読込中

大規模修繕工事

Large-Scale repair

目 次

決定・合意時の注意

大規模修繕を決定・合意する

修繕委員会の検討結果を踏まえて理事会などで基本計画を決定します。総会の決議が必要になる場合がありますので併せて確認しておきます。

管理組合の取り組み

1.修繕委員会の検討結果を踏まえて基本計画を作成し、理事会などで決定します。

(工事計画の内容)

  • 修繕を行う意義、基本計画の考え方、根拠
  • 計画立案を進めるにあたって準備してきた経緯
  • 計画している工事範囲、内容、工期

(資金計画)

  • 必要工事費の概算額
  • 修繕積立金の残高
  • 資金計画の内容(調達方法、支払い方法)
  • 資金を借り入れる場合は、借入先、金利、返済期間、融資額

(その他)

  • 実施設計費の支払い
  • 施工会社の選定方針
  • 長期修繕計画や修繕積立金の徴収額を改正する場合は、その内容

2.次のような場合は総会決議が必要となります。トラブルを防ぐためには総会で決議しておくことがよいでしょう。

  • 1.共用部分の変更に該当する場合
  • 2.管理規約に改正が必要な場合
  • 3.既に決議を受けた内容から大幅に変わる場合
  • 4.通常総会で大規模修繕の承認を受けていない場合など

パートナーの役割

1.基本計画の決定のためのアドバイス

  • 管理規約の改正の必要がないかどうかチェック
  • 技術的な内容についての情報提供

2.総会開催のためのアドバイス・協力

  • 総会決議の必要性についてのアドバイス
  • 管理規約の内容のチェック
  • 総会での資料作成の協力
  • 総会での説明の協力

3.今後の中長期計画についてのアドバイス

ポイント!

1.総会決議の留意点

  • 総会の決議は、決議が必要な事項についてもれなくとっておく。
  • グレードアップ工事(バリアフリ-工事やオートロック化など)等、実行するか否かで意見が分かれそうなものについては、原状回復の工事とグレードアップ工事を別々の議案として決議することも考えられます。

2.総会決議が必要な事項

1.共用部分の変更にあたる場合

管理規約に共用部分の変更についての決議用件を定めている場合には必ず確認してください。

2.管理規約の改正を必要とする場合

次のいずれかに該当して管理規約を改正する場合には総会決議(特別決議)が必要です。

  • 資金の借入れへの対応など
    (例)修繕積立金の返済への充当など
  • 専有部分、共用部分の範囲、管理区分の変更
  • 修繕積立金の徴収額の変更