読込中

大規模修繕工事

Large-Scale repair

目 次

工事の流れ・関係者の役割

大規模修繕工事の流れと関係者の役割

大規模修繕が進められていく過程で、関係者のそれぞれの役割と、それら関係者相互のかかわり方を一般的な大規模修繕の流れとして、図を示します。

大枠としては、工事の着工前、工事実施中、工事完了後の3段階に分類でき、工事発注者である管理組合、工事の受注者である施工会社、必要なチェックを行う工事監理者及び工事協力を要請される居住者の四者が、相互にそれぞれの役割を果たしていくことになります。

大規模修繕工事の流れと関係者の役割