読込中

大規模修繕工事

Large-Scale repair

目 次

修繕の目的・意義

マンションの修繕とは

大規模修繕の意義

「大規模修繕」とは、一定の周期で修繕するのが望ましい「計画修繕」等のうち、

工事の内容

工事の費用

工事の期間

等が多大となる修繕のことを言います。

通常、劣化損傷した屋上や外壁等の建物各部を、現状又は実用上支障のない状態までに性能、機能を回復させるための、大規模な修繕を指して言うことが多いです。

また、計画修繕にグレードアップの要素、すなわち「改良」を加味した外壁等修繕工事も「大規模修繕」と呼んでいます。

大規模修繕の目的

  • 事故防止 (コンクリート片、タイル剥落、手すり腐食落下等)
  • 不具合の解消および予防 (雨漏り、赤水、排水不良、漏水等)
  • 耐久性伸延 (躯体、鉄部等)
  • 美観・快適性向上 (塗装等)
  • 居住性、機能向上 (改良・改善・バリアフリー化・幹線容量増大等)
  • 資産価値向上 (居住価値、使用価値向上)
分譲マンションは、所有者全員の資産です。 快適で安全な暮らしと資産を皆で守っていくことが重要になります。 マンション修繕工事は、単に美観のみを元に戻すだけではなく、 マンションの資産価値の維持向上を図ることを重点においてすすめなければなりません。 私たち「株式会社 大 塗」は、改修工事のプロとして今までの実績と経験を活かし、 皆様へ自信をもってよい工事をご提供することをお約束いたします。